通常よりも割高な保険料を払い込む(特別保険料)、あるいは契約後の一定期間内に保険事故が生じた際には保険金を削減して支払う(保険金削減)など、特別の条件がついた契約のことです。
契約者間の公平性を保つために、保険事故の発生する可能性が比較的高い場合に適用されます。