内閣総理大臣(金融庁長官に権限を委任)は、保険業法の施行のため必要な場合、保険会社に立入検査を行なうことができます。
また、財務局も金融庁から委任を受けて検査を行ないます。