標準下体を対象とする保険です。
その被保険体の危険の程度に応じた特別条件を付した保険引受けとなります。
特別条件としては、保険金削減支払、特別保険料徴収などがあります。