生命保険において、標準体以下の劣った状態にあるために普通の条件では契約引受けをすることができない被保険体のことです。
「条件体」とも呼ばれます。
標準下体の場合、生命保険会社はその危険の程度に応じ保険金削減支払、特別保険料徴収など特別条件を付して保険引受けを行ないます。
また、最近では標準下体専用の保険商品も販売されています。