生命保険の被保険者が、身体的にも、職業上からも、道徳的にも明らかな欠陥がなく、生命保険会社が基準の保険料率で、かつ、何等かの特別条件を付けることなく契約を引受けできる被保険体のことです。
実務上、生命保険会社は、被保険者の健康状態、職業上の危険状態、その他について、告知や診査等により会社の定める危険の範囲内にあると判定した上で契約の引受けを行なっています。