標準となる危険要因に対して一定の料率を定め、実際の契約にあたっては、その都度、保険の目的、危険の実態などにより修正して適用する料率です。
幅料率とは異なり、その修正幅に限度はありません。