契約者が支払う保険料のうち、死亡保険金支払いの財源となる部分のことです。
純保険料のひとつで、予定死亡率、予定利率を基礎として計算されます。