「死亡表」や「生命表」とも呼ばれ、ある集団(性別・年齢別)について死亡率を観察し、人の生死の法則を表にしたものです。
生命保険料率算定の基礎となるものです。