個人年金保険などの生存保険において、被保険者が年金支払開始日前や保険期間満了前に死亡された場合、保険契約者に対して支払う給付金です。
死亡給付金は、既払込保険料相当額となります。
一時払変額個人年金保険では、死亡給付金は元本が最低保証されており、死亡日時点の積立金と、基本保険金額(=払込保険料相当額)のいずれか高い金額を支払います。