保険料算出の基礎とした予定死亡率によって見込まれた死亡者数と、実際の死亡者数との差によって生じる損益のことです。
当該事業年度における危険保険料の総額と、死亡契約の危険保険金の総額との差額になります。