保険料算出の基礎とした予定死亡率によって見込まれた死亡者数よりも、実際の死亡者数が多くなってしまった場合に、1事業年度の末において生じる損のことです。