損害が生じたとき、保険金額が保険を付けていた物の価額に不足していた場合に、その不足する割合に応じて保険金を削減して支払うことです。