生命保険の契約転換制度において、元の契約の責任準備金と配当金を新たな契約の「終身保険」部分と「定期保険特約」部分に充当する転換方式のことです。
転換価格を一定の割合で分割し、終身保険と定期保険特約のそれぞれに充当する方式ですので、終身保険と定期保険特約それぞれについて、保険料負担が軽減されます。
また、定期保険特約が更新をむかえると、保険料負担が軽減されるのは終身保険のみになります。