法人契約を前提として開発された保険商品を『法人保険』と呼んでいます。
生命保険の場合、逓増定期保険や法人用がん保険、長期平準定期保険などがあります。法人保険を採用するメリットとして、役員の万が一に備える、従業員全員の福利厚生制度構築が簡便などの保障目的の他、契約方法・保険設計によっては節税効果、簿外資産の形成、効率的な退職金準備など、財務・税務的なメリットが得られる場合もあります。
損害保険の場合、企業が持つ様々なリスクを業態別に開発された損害保険商品があります。業種によって多種多様ですので、自社のビジネスモデルにおいて、リスクと感じる部分を損害保険会社に相談してみてください。