予め契約していた保険契約を、保険期間の途中で保険金額を減らすことを「保険金の減額」といいます。
それ以降、減額した分の保険料は安くなりますので、支払いが困難な時に有効な手段の一つです。
減額した部分は解約したものとして取り扱われ、解約返戻金があれば支払われます。
また、各種特約の保障額が同時に減額される場合もあります。