契約締結など法律行為に一定の不備がある結果、当事者の意図した法律の効果が始めから全く生じないことです。
当事者の意思表示は必要ありません。
無効については、民法の一般原則が適用されるほか、商法上いくつか規定が設けられています。
約款では、次の二つが無効であると定められています。
1)契約者または被保険者の詐欺による契約の場合
2)被保険者の年齢が会社所定の範囲外の場合