火災保険の対象となる物件(保険の目的)の種類のことです。
物件種別は4つに分類されて、住宅物件、一般物件、工場物件、倉庫物件となっています。
火災保険ではすべての物は、必ずこのどれかに属することとなります。