その営業地域が特定の都道府県に限られているものとして金融庁長官が定める金融機関のことです。
特例地域金融機関が生命保険募集人などである場合、常時使用する従業員の数が20人以下の小規模事業者の融資先従業員に対しては、融資先販売規制にかかわらず、保険契約者あたりの保険金その他の給付金の合計額が1,000万円までに限り、保険募集を行なうことができます。