火災、風水害などの天災で災害救助法が発令された場合には、特別に猶予期間の延長の取り扱いをすることがあること。