保険会社が契約を承諾するか否かを決める要素となる、危険のひとつです。
代表的な事項としては、被保険者の現在の職業や仕事の内容などがあります。