生命保険において、保険会社が契約時にあらかじめ約束した運用利回りである予定利率よりも実際の運用利回りが上回った際などに利益の一部を契約者に還元する仕組みです。
契約内容に応じて金額は異なります。
配当を増やした分だけ、実質的に保険料が割り引かれることになります。