特定の疾病にかかっている場合で、死亡に至らなくても特定の状況になったときには、死亡保険金と同額の保険金を受け取ることができる保険です。
代表的な保険には、被保険者が、がん、心筋梗塞、脳卒中にかかったときに保険金が支払われる、「三大疾病保障保険」や「特定疾病保障保険」などがあります。
生前給付保険金が支払われたときには、保険契約は終了します。
特定の疾病に罹患しなくとも、死亡または高度障害の保険事故が発生した場合には保険金が支払われます。