「生命保険商品」のことで、生命保険の付随的なサービスを含めて用いられることもあります。
生命保険事業においては、人の生死に関する危険負担や危険保障がその中身になっている、「生命保険サービス」という特殊なサービス財を生産し、販売していると考えられています。