人の生死に関し一定の金額を支払う保険(生命保険固有の保険で、第一分野の保険)ならびに傷害、疾病、介護の保険(第三分野の保険)の引受けおよび再保険の引受けを業とするものです。
保険業法によって定められています。(保険業法第2条、第3条)