契約してから一定期間が満了するまで被保険者が生存していた場合にのみ保険金が支払われる保険のことです。
保険期間中に死亡すると保険金の支払いがない純粋な生存保険は、一般に販売されていません。
実際には、「個人年金保険」や「貯蓄保険」などのように、保険期間中に被保険者が死亡した場合には、既払込保険料相当額を死亡給付金として支払うといった各種の死亡保障を付加しています。