ある特定の集団で、ある一定期間生存する人の割合のことです。
生命保険においては、同一の年齢集団の中で1年間生存する人の割合をいいます。
生存率=1-死亡率の式が成り立つ関係にあります。