保険期間の途中で生存していれば、一定期間が経過するごとに給付金を受け取れる仕組みの「定期保険」のことです。
保険期間中に死亡したときには、死亡保険金を受け取れます。