被保険者が死亡したときや高度障害状態になったときに、契約時に定めた期間中(満期まで)は、遺族が年金を受け取れる保険です。
年金を受け取れる回数はいつ死亡するかによって変わります。
「収入保障保険」とも呼ばれます。