病気で入院したときに、入院給付金が受け取れる特約です。
通常、病気により継続して5日以上入院した場合に、5日目から入院給付金が支払われます。(4日間の免責があります)
入院給付金は同一の疾病で120日、通算700日を限度に支払われます。
また、病気や不慮の事故で所定の手術をしたときに、手術給付金が受け取れます。
手術の場合の保障については、手術特約という別の特約として取り扱う生命保険会社もあります。