保険は「相互扶助」つまり「助け合い」で成り立っています。
「自分の払い込んだものが他の多くの人を助けるために使われ、自分が助けられるときには、他の人が払い込んだものが使われる」ということです。