保険期間よりも短い期間で保険料の支払いを終わらせてしまう払い方のことです。
払込期間が短いほど、保険料の払込総額は少なくなりますが、毎回支払う保険料は高くなります。