損害保険において年間保険料率は、保険金額1,000円に対する1年間分の保険料の割合で示されます。
保険期間が1年に満たない短期の契約では、年間の最も危険な時期にのみ契約が付けられるという傾向を生じ易いので、年間保険料の月割や日割とはせず、期間が短いほど、より割高になる所定の率を年間保険料率に乗じて保険料を算出することが定められています。
その所定の率を、短期料率といいます。