相互会社組織の生命保険会社において有配当保険の場合、毎年度決算で生じた剰余金を契約者に還元する配当のことです。
予定死亡率・予定事業費率に対して実際の死亡率・事業費率が下回り、予定利率に対して実際の利率が上回る等、毎年度決算で差益が生じた場合、その剰余を社員配当金として契約者に分配します。