一定の期間を経過した時点で被保険者が生存していた場合や、子供の入学時期などに保険会社から受け取れる、生存給付金や入学祝金などの金銭のことです。
祝金は据置くことができ、保険会社所定の利息をつけて預ります。据置いている祝金は、契約者が必要なときに引出すことができます。