契約時の予定利率に固定しないで、金利環境の変化に基づいて、適用する予定利率を一定期間ごとに見直す保険のこと。
適用される予定利率には最低保証があります。
予定利率の見直しによって適用される利率が最低保証される利率より高く設定された場合、それに応じて最低保証される保険金額や年金額、解約返戻金などが増えます。