生命保険(第一分野)と損害保険(第二分野)の中間に位置する保険のことです。
医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険などさまざまな保険種類があります。
人の傷害・疾病・介護などに関し一定額の保険金(給付金)を支払います。
規制緩和の推進により、平成13年(2001年)7月からは、生命保険会社、損害保険会社ともに第三分野の全保険商品を取扱うことが可能となっています。