相互会社において、剰余金処分額から社員配当準備金への繰入額(剰余金の20%以上)を差し引いた残額のことです。