被保険者が生存している限り、終身にわたって受取人に年金が支払われます。
「保証期間付終身年金」では、5年・10年・15年などの年金受取保証期間中に被保険者が死亡した場合には、残りの保証期間(残存期間)に対応する年金の原価が一時金として支払われます。
「一時金付終身年金」などもあります。