企業の経営者、役員の死亡などによる企業の損失の補てん、または退職金の準備を主な目的として法人契約に利用される一般の生命保険のことです。
主な契約形態は、契約者および保険金受取人が企業で、被保険者が経営者や役員となっています。
長期平準定期保険、逓増定期保険、終身保険、定期保険特約付終身保険、養老保険、個人年金保険、医療保険、がん保険などで成り立っています。
保険会社によっては、企業経営者に有利な税務上の効果を得るために条件を満たした保険設計になっています。