医療保険において、手術を行った際に手術の内容に応じて支払われる手術給付金の倍率を言います。一般的に入院日額の10倍、20倍、40倍などで設定されています。