特別条件の一つで、削減期間内に給付金の支払事由が発生した場合に、給付金額を削減して支払う方法のことです。