「引受基準緩和型医療保険」や「限定告知型医療保険」で、支払削減期間中(契約日から1年以内)は、入院をされた場合や手術を受けられた場合に受け取れるお金(給付金)が半額になることです。