保険契約加入後の経過年数を考慮しないで、全期間を対象として年齢別にまとめた死亡表のことです。
生命保険会社が保険契約の締結に際して医的診査などの各種の選択を行なって健康体を選んで被保険者としているため、通常、「総合表」の死亡率は「国民生命表(国民表)」の死亡率よりも低くなります。