被保険者が契約日から一定期間内に自殺したときには、保険会社が死亡保険金を支払わなくてよいことです。
以前は、自殺の免責期間は契約後1年で全保険会社が横並びでしたが、自殺者が増加していることもあり、免責期間が2年や3年と延びています。
免責期間を3年としている会社の殆どが、平成17年の4月から免責期間を2年から3年に変更しています。