毎年の保険料収入と保険金支払いの原価が等しくなるように計算された保険料のことです。
生命保険では、基本的に年齢別の死亡率に基づき保険料を算出しているため、それぞれの年齢における死亡率が保険料計算に反映されます。
自然保険料では、被保険者の年齢が高くなるにつれて1年ごとの保険料も高くなり、保険料の支払いが困難になる場合があります。
そのため一般に個人保険では、払込期間中は保険料が一定となる平準保険料が使用されています。