生命保険契約において保険契約者以外の者が被保険者となり、その者の死亡により保険金が支払われる契約で、被保険者と保険金受取人が異なる場合には商法上被保険者の同意が必要となります。