事故による損害に対して、保険者が保険金を支払うことです。
損害保険で用いられ、生命保険や社会保険では「保障」が用いられます。