保険金・給付金の請求があった際に生命保険会社が行う、契約確認のことです。
生命保険会社の職員または生命保険会社が委託した者が、契約者・被保険者および被保険者が治療を受けた病院を訪問して、請求内容等についての事実確認を行います。