国や企業が、勤労者の資産の蓄積を積極的に援助する制度です(正式名称:勤労者財産形成促進制度)。
財形制度にもとづく保険には、財形貯蓄積立保険・財形住宅貯蓄積立保険・財形年金積立保険などがあります。
また、財形制度にもとづく保険には、貯蓄の機能だけでなく、保険期間中(財形年金積立保険の場合は年金開始前)に不慮の事故で死亡した場合、払込保険料累計額の5倍相当額の災害死亡保険金が受け取れるという死亡保障の機能もあります。