一般的に、損害保険の場合は代理店をいい、生命保険の場合は営業職員(外務員)を指します。保険事業にあたっては、そのニーズが潜在的であるために販売チャネルの充実、強化が常に重要な課題となっています。損害保険と比べて生命保険の場合は、そのニーズがより潜在化、個別化しているという特殊性から、外務員の個別訪問販売が主体になっています。最近では来店型保険ショップや郵送で行う通信販売・インターネット申込ができる保険会社・保険商品も登場しています。